〒485-0011
愛知県小牧市岩崎郷戸西1950-2

0568-74-7030

おおはし動物病院 フェレット 副腎疾患 フィラリア トリミング インスリノーマ 低血糖 愛知県 小牧市

待合室では、動物たちをリードまたはケージに入れてね!

Mobile site

QRコードを読み取り
アクセスしてください

 

診療内容

検査について

動物たちは自分たちの病状をうまく伝えることができません。飼い主が異変に気づいた時には、すでに症状が悪化しているケースも見受けられます。定期的に検査を行うことで病気の早期発見をして、治療をしてあげましょう。

検査内容

身体検査
視診、触診、聴診などで全身をチェックします。
尿検査
腎疾患、尿路疾患、肝疾患などの有無を調べます。
便検査
寄生虫の有無、腸内細菌の状態や炎症・出血などを調べます。
血液一般検査
貧血、炎症、血小板の異常など、血液中の血球の状態を調べます。
血液生化学検査
血液中の生化学物質の数値を検査することで、腎臓・肝臓などの病気、内分泌疾患(ホルモンの病気)、代謝異常などを調べます。
レントゲン検査
胸部と腹部を撮影し、臓器の形や大きさの異常や腫瘍の有無などを調べます。
超音波検査
レントゲン検査では判断できない各臓器の内部を調べます。

※詳細はお問い合わせください。

 

助成金について

イヌとネコの去勢・避妊手術に助成金がでます

<対象>

1:小牧市在住で、イヌまたは猫を飼っておられる方。
2:イヌの場合には、市役所に登録済みで狂犬病の予防接種を受けておられる方に限ります。

助成金の額

  去勢(オス) 避妊(メス)
イヌ \2,500 \3,500
ネコ \1,500 \2,500

※手術代の総金額については受付にてお尋ねください。

 

マイクロチップ

マイクロチップMC

マイクロチップMC

マイクロチップ本体には電池が不要であり、半永久的な使用が可能です。マイクロチップ(MC)は、直径約2mm_長さ約11mmの円筒形のガラスのカプセルで包まれていた小さな電子標識器具です。

電子標識器具というと少し難しく聞こえるかもしれませんが、動物の小さな小さな名札と考えてください。その中には、名札となる番号が書かれた機械や、アンテナの役割を果たすコイル等を収めてあります。また、ICチップという名前でも呼ばれています。


MCは動物病院で獣医師に注入してもらいます。注入の方法は、一般的な皮下注射とほとんど変わらないため、動物に負担をかけることはありません。

動物がいなくなったとき、そのデータを飼い主から獣医師を通じて動物管理センターに連絡し、迷子動物の捜索に役立てることが出来ます。

センサー付きMCを埋め込むことにより、従来の直腸測定をすることなく動物に不快感を与えることなく簡単に、短時間で体温測定をすることが可能になります。
 

(マイクロチップ埋め込み¥4,000)
※表示金額は税抜きです。

 

 

診療案内