〒485-0011
愛知県小牧市岩崎郷戸西1950-2

0568-74-7030

おおはし動物病院 フェレット 副腎疾患 フィラリア トリミング インスリノーマ 低血糖 愛知県 小牧市

待合室では、動物たちをリードまたはケージに入れてね!

Mobile site

QRコードを読み取り
アクセスしてください

 
おおはし動物病院HOME»  フェレットについて

フェレットについて

フェレットの起源

フェレット

フェレット(Mustela putorius fulo)は、犬や猫と同じ食肉目に属しています。フェレットは、ヨーロッパケナガイタチやステップケナガイタチを起源とした動物であるといわれていますが、実証さていません。そのフェレットが人間と共に生活するようになったのは、古代エジプト時代で今まで約3000年もの年月をかけて家畜化されてきました。

フェレットは、イタチ科ということでネズミの駆除やハンティングとしてウサギ狩りなどに利用されていましたが、1950年代に入ると実験動物として扱われるようになりました。フェレットと人間では、インフルエンザに対する反応が同じことから、ウイルス性疾患モデル動物として研究に使われました。1980年代に入ると特色である「陽気な性格」「気だての良さ」「遊び好き」を理由にアメリカ、イギリスを中心として本格的にペットとして飼育されるようになりました

ペットとしてのフェレット

フェレットはわずか十数年前、爬虫類やエキゾチックアニマルを専門に扱う、珍獣ショップにのみ売られていました。しかし「臭わない」「鳴かない」「散歩に連れていく必要がない」「飼育スペースをとらない」を理由にマンションやアパートでも飼育可能なこともあって、女性を中心としてフェレット人気を引き起こしました。

一方アメリカのフェレットでは、フェレット用に認可された狂犬病ワクチンがないことや、乳幼児を攻撃しケガを負わす事件が起きたこと、脱走したフェレットが帰化して在来野生動物の生存を脅かすのではないかなどの問題が勃発し、州法によってはフェレットの飼育自体を禁止するところもあります。

現在は狂犬病に関して日本は清浄国なのでそれほど大きな問題になりにくいかもしれませんが、乳幼児のいる家庭や脱走、帰化に関しては、アメリカのような問題が起こってくるかもしれないので脱走には十分注意が必要です。

フェレットの性格

フェレットは夜行性ですので、昼間はほとんど寝て過ごします。しかし起きている時は、とても活発に動き回ります。遊び好きで好奇心も強く、何か新しいものを見つけると背中を丸め「クックッ」と声をあげて遊びに誘い出す行動をみせることがあります。逆に興奮したときや警戒をしているときは「シューッ」と鳴いて後ずさりする行動をします。これらの鳴き声を聞き分けることで、フェレットがいまどのような気持ちなのか参考にすることができます。

フェレットは物を集めたがるという性質をもっており、自分のねぐらにお気に入りの物を隠してしまうことがあります。噛癖もあり、スポンジ系のものやコルク、ゴム製品など噛みちぎって遊びます。それらを飲み込んで腸閉塞を起こしやすいので注意してください。同様に電気コードも危険ですので注意してください。

フェレットは、狭い空間、暗いところに潜り込むのが大好きです。家の中で放して遊ぶ際には、洗濯機、冷蔵庫や家具の裏などの危険な場所は前もって封鎖しておいてください。また狩猟、攻撃本能があるので自分より小型の動物に近づけてはいけません。

フェレットの身体

体型

胴体は長い躯幹と短い足をもっており、しなやかな流線型をしていますので、家の中に直径5センチほどの隙間に潜り込んで出てこなくなってしまうことがある。また頭部は小さく首としてのくびれがないので、治療などでわんちゃんなどが装着する行うエリザベスカラー(エリマキトカゲのような首の付けるもの)をするのは困難。

外皮

皮膚はなめらかで厚く、0.5~1.8ミリ。汗腺が未発達なために、熱をうまく発散させることができず、気温32℃以上にさらすと熱射病になってしまう。逆に寒さには強い。換毛は春と秋におこなわれます。時期によって尻尾の毛がすっかり抜けてしまうことがあるが、季節繁殖動物のため病気以外にそのような脱毛がしばしば見られる。

フェレット

口腔

前臼歯はフェレットでは3本しかない。永久歯は生後50~74日目で生える。まれに、噛むなどを理由に犬歯をニッパーなどで切断する人がいるが、切断した永久歯は再び伸びることはない。歯髄炎の原因にもなるので勝手に破折してはいけない。

骨格

頸椎7個、胸椎15個、腰椎5(6)個、仙椎3個、尾椎18個からなっている。柔軟性と弾力性に富んだ骨はどんな場所でもUターンを可能にしている。また骨格自体も犬や猫の骨格に比べると数段頑丈にできている。肋骨の第10までは胸骨と結合しているが、残りの5組の肋骨は背側に向かって互いに結合し、肋骨弓を形成している。雄では陰茎骨をもっており、指の数は前肢後肢ともに5本づつ。

フェレットの主食

食事が消化管を通過する時間が約3時間と驚くほど早いため、 この時間内に効率よく消化・吸収できる高タンパク・高脂肪の餌が必要となります。また、フェレットには盲腸が無いので、炭水化物、植物性タンパク質、繊維質などをうまく消化することが出来ません。こうした成分を含む餌は、ほとんど未消化の状態で排泄されてしまいます。フェレットには、アルギニンとタウリンという2種類のアミノ酸が必要です。これらは植物性の餌から十分に摂ることができないので、動物性タンパク質が主原料になっているドライフードを選びましょう。また、ドライフードは缶詰などの練り状の餌に比べ歯石がつきにくいといった利点もあります。量に関しては、フェレットが一日に必要な カロリーは約200~300Kcal/キロと言われています。フードのメーカーによっても異なりますが、ドライフードとして約30~60gほどが一日に必要な量となってきます。

一日にどのくらいの量を食べているのか把握して、えさ入れの中にはいつもドライフードが入っている状態を保ち、一日2~3回に分けて補充します。そうするとフェレットは、5~10回ほどに分けて食べます。また、フェレットは餌の合間に水もよく飲みます。だいたい一日に75~100mlの水を飲むと言われています。特に夏場は脱水を起こさせないためにも水を切らさないよう注意してください。

生後3カ月未満のフェレットはドライフードをうまく食べてくれないこともあるため、この時期はフードをぬるま湯でふやかしてから与えましょう。生後3カ月ぐらいからは、少しずつ固さに変化をもたせながらドライフードの割合を増やしていけば、いずれドライフードだけでも食べてくれるようになります。